アマノジャク2

アマノジャクが行く

キラキラキラキラ着飾って

 

アマノジャクが嗤う

魅惑思惑たっぷりに

 

アマノジャクは囁く

こっちの水は甘いよ

 

アマノジャクは諭す

もっと賢く生きなよ

 

アマノジャクは懇願す

僕を一人にしないで

 

キミが右というから僕は左

キミが左というから僕も左

 

肩で風きって

痛みふりはらって

 

アマノジャクは行く

 

白い涙かくして

黒い顔かくして

 

 

メアリー・ライリー2

私たち人間の内でせめぎあう

善(ジキル)と悪(ハイド)

抗うことを止めありのままを

受け入れ統合して初めて

私たち人間は一人の人として

立つことができる

そのことを

映画「メアリー・ライリー」

は示唆してる

花占い

 

スキ キライ スキ キライ

お花にきいても

こころはみえない

 

スキ キライ スキ キライ

お花にきいても

こころははれない

 

go stop go stop 

誰にきいても

こたえはみえない

 

go stop go stop 

ほんとのことは

他人(ひと)にはわからない

 

 

 

 

Give Peace A Chance

 

今がどんなに辛く苦しくとも

希みを捨てられないことを

あなたは知っている

 

今がどんなに果てしなくとも

光のもとに出る日のくることを

あなたは知っている

 

暗闇には出口があることを

ほんとうはあなたは知っている

 

たとえいま内から外から逆らう力

襲うとも小さい生命(いのち)

涙とともに抱きしめてよ

 

あなたが泣いていたとき

嘆きもがいてた方がいたことを

 

あなたが雪原に放りだされたとき

あなたの足を氷の下で包み支えていた方が

いたことを

 

古里を遠く離れていたとき

変わらぬこころで待っていた方が

いたことを

 

どれほど悪に染まろうとも

許す方がいたことを許す権威のある方が

共にいたことをいつの日かきっとあなたは知る

 

 

 

 

鎮守の森

 

木がよぶよ

こどもたちおいでと

木がよぶよ

 

むかしのこと

はなしてやると

木がよぶよ

 

おじいさんのそのまた

おじいさんのそのまた

おじいさんのことも

知っているよと

木がよぶよ

 

なんでも見てたと

木がよぶよ

 

ずうっと見てたと

木がよぶよ

 

こころのまんなか

すっくと立って

 

すべてを見てたと

木がよぶよ