VR

現実と仮想の違いはそう明確ではないのではないのではないかしらん

目の前のこの目に見えている世界ですらそもそも目のそのレンズが写し撮ってる

それを私たちは現実と思っているだけではないかしらん

肝心の目の働きそのものが人によって違ってくるだろう

目だけの問題だけではないそもそも私たちは各々が見たいように見ている

見方感じ方すらその人のこれまでの環境によって身につけたもの

また知らず知らず身につけさせられたもの

そうだとすれば真に確かなことは「させられたモノ」を慎重に一つ一つはぎ取り

私が今ほんとうに感じてること思ってることをすくい取り探してあげないことには

真の己には出会えないということではないかしら

それにはどんなにちっぽけな思いだろうとどんな醜い思いだろうと否定せずおし殺さずその手に掬い取って見てみることしかない

そうすることで初めて真になにを思いなにを感じているのかが見えてくるのだと思う