仏像

どれくらい前だったでしょうか、東京に住んでいた当時上野の博物館に興福寺から多数の仏像さんたちがやってきました。 それはそれまであまり仏像に縁のなかった私にかなり新鮮な衝撃でした。 というか感動のあまり身震いさえしたのでした。 特にアマノジャク…

アマノジャク2

アマノジャクが行く キラキラキラキラ着飾って アマノジャクが嗤う 魅惑思惑たっぷりに アマノジャクは囁く こっちの水は甘いよ アマノジャクは諭す もっと賢く生きなよ アマノジャクは懇願す 僕を一人にしないで キミが右というから僕は左 キミが左というか…

アマノジャク

アマノジャク アマノジャク ひとまねうまいね アマノジャク アマノジャク アマノジャク だますのうまいね アマノジャク アマノジャク アマノジャク ひとりになれない アマノジャク アマノジャク アマノジャク ほんとはこわがり アマノジャク

水が流れていくよ

水が流れていくよ 山から川へ 川から海へ 水が流れていくよ こころも流れていくよ 山から川へ 川から海へ こころを流れていくよ 流れを止めたら 死ぬよ こころが死ぬよ 生きたまま死ぬよ

メアリー・ライリー2

私たち人間の内でせめぎあう 善(ジキル)と悪(ハイド) 抗うことを止めありのままを 受け入れ統合して初めて 私たち人間は一人の人として 立つことができる そのことを 映画「メアリー・ライリー」 は示唆してる

花占い

スキ キライ スキ キライ お花にきいても こころはみえない スキ キライ スキ キライ お花にきいても こころははれない go stop go stop 誰にきいても こたえはみえない go stop go stop ほんとのことは 他人(ひと)にはわからない

Give Peace A Chance

今がどんなに辛く苦しくとも 希みを捨てられないことを あなたは知っている 今がどんなに果てしなくとも 光のもとに出る日のくることを あなたは知っている 暗闇には出口があることを ほんとうはあなたは知っている たとえいま内から外から逆らう力 襲うとも…

鎮守の森

木がよぶよ こどもたちおいでと 木がよぶよ むかしのこと はなしてやると 木がよぶよ おじいさんのそのまた おじいさんのそのまた おじいさんのことも 知っているよと 木がよぶよ なんでも見てたと 木がよぶよ ずうっと見てたと 木がよぶよ こころのまんなか…

聖母神へのオマージュ

人知れず子の帰りを 待ちわびる母 想いを痛みに託し 希望を飢えに託して 誰が思ったであろう これほどに激しい愛を 誰が知ったであろう これほどに深き愛を あなたは待つ永遠(とこしえ)に 空(くう)の扉のかたわらに

こっち向いてお母さん

こっち向いてお母さん ぼくをみてよお母さん おねがいだからお母さん 聞こえないのお母さん ぼくのこころカランコロン かわいたままだよお母さん 見えないのお母さん ぼくのこころぱっくり あいたままだよお母さん たすけてよお母さん ぼくをみてよお母さん …

River Runs Through It

悲しみを流した 願いをこめて 天の川 痛みを流した 想いをこめて 天の川 流しても流しても めぐりくる悲しみ 流しても流しても かえりくる痛み ふりかえりふりかえり わたしの人生 めぐりめぐらし わたしの想い 永久の時をへ 流れついた はるかな星 めざめた…

ブーメラン

わたしは夢みごこち やさしい声がわたしを 呼ぶもの わたしは翔ぶよ 風にのって翔ぶよ フワフワフワフワ どこまでも翔ぶよ やさしい声は呼ぶよ わたしの名を呼ぶよ ーーーーーーっと もどってきちゃった!

ひとはどこから

ひとはどこからきて どこへいくのか 元始(はじめ)よりひとは問うてきた 確かめるかのように 試みるかのように 「はい」という勇気をもてず 「いいえ」と試して

49日

画面に吸い込まれ 海に吸い込まれ 何度も沈んだ 見る度海に沈んだ 繰り返し繰り返し 海面に浮上し息が できるようになったのは それからようやく49日が 経とうとしてた頃だった

ヒースクリフ

「2人を裂くことなんかできなかったはず」 「きみが自分の意志でしたんだよ」 今にも命消えいこうとしてるキャシーに ヒースクリフは言う エミリー・ブロンテが嵐が丘で描いたのは ヒースクリフに象徴される黒い存在 人の内なる黒いもの 受け入れたくないも…

メアリー・ライリー

横暴な父親に閉じ込められた納戸で ネズミに齧られた過去を思いだす これが切っ掛で様々な過去の出来事が 走馬灯のように甦り押し殺していた ハイドが顔をのぞかせる 幼き己の泣き叫ぶ声で目覚める 繰り返し繰り返し甦る過去の悪夢 姿を現したハイドそのなす…

グリグリ

グリグリグリグリ こころがなくよ 母さん恋しと こころがなくよ グリグリグリグリ こころがなくよ ふるさともとめて こころがなくよ 母さん母さん どこにいるの 母さん母さん ほんとにいるの 母さんいるから こころがなくよ 母さんいるから こころがなくよ …

水が足りない

水瓶にいっぱい水を満たしたならぶどう酒に変わった 聖書に描かれたカナの婚姻でのエピソード わたしの人性をあるがままのわたしを 捧げるときひとは聖なるものを受けとめます ヨハネは叫びました 水と血がでたと

同じじゃないからみな大事

自然のなかにはないよ 同じものはないよ 葉っぱだってちがうよ いちまいいちまいちがうよ アリさんだってちがうよ いっぴきいっぴきちがうよ 人間だってちがうよ ひとりひとりちがうよ 同じだったらつまんない 同じにゃないからみな大事

ハシ

ハシヲ ワタッテ ムコウへ イク ハシヲ ワタッテ コチラへ クル ハシヲ ツカッテ タベモノヲ タベル ハシヲ ツカッテ タベモノヲ ワケル ハシラヲ ノボッテ テンへイク ハシラヲ ツタッテ オリテクル アリラノ ハシカラ コチラノ ハシへ コチラノ ハシカラ …

仕手(シテ)

未生より招く手あり わたしの前に わたしの後に わたしと共に 存在の深奥(おく)から 鏡のむこうから わたしを招く わたしは招く 御手(みて) それは あの方なのか わたしなのか

マンマ

ンマ ンマ ンマ ンマ ンマ ンマ ンマ ンマ マンマ マンマ マンマ マンマ ママ ママ ママ ママ ママ ママ ママ ママ お母さんはたべもの 大事な大事な食べ物 ンマ ンマ ンマ ンマ ンマ ンマ ンマ ンマ マンマ マンマ マンマ マンマ ママ ママ ママ ママ ママ …

母さんのマント

母さんのマント大きいね 宇宙(そら)の広さより大きいね 母さんのマント深いね 海の深さより深いね 母さんのマントあったかい 水鳥のおふとんよりあったかい 母さんのマントいいにおい お日さまのにおいよりいいにおい 母さんのマント包むね なんでもなんで…

こころを受けて

いいよ それで いいよ それで 受けとめて あなたのこころ 受けとめて あなたのおもい 受けとめて あなただけは こころを受けて こころにとめて

eat pray love

神はあなたの中にいる 神は私と共に私の中にいる 映画『 eat pray love 』 主人公エリザベスの言葉 この言葉が聞ける人たちを 羨ましいと思った ”神はあなたの中にいる 神は私と共に私の中にいる” この世界に気づいたとき私は小学生だった しかし誰もこのこ…

バナナが食べたい

バナナが食べたい バナナが食べたい バナナが食べたい バナナが食べたい バナナが食べたい バナナが食べたい ほんもののバナナが

浦島太郎は私だった2

玉手箱を開けておじいさんになった 手を叩くと音がでる 片方ずつ叩いても音は出ない まず叩くことすらなりたたない こんな自明のことを確証を得ようと 玉手箱を開けたのはわたしです Like0

浦島太郎は私だった1

開けてはならないと言われた 玉手箱を私は開けてしまった 食べてはならないと言われた りんごを私は食べてしまった 生命があふれ光に満ちた世界 ほんとうにあったのだろうか 「そうだよ」が得られなくて 己を疑い思いあぐねのたうち 十代にして私は老いさら…

マリアと観音菩薩

マリアは人間なんだから崇拝するのは 偶像崇拝だという考えがありますが マリアはあなたの内なる聖母神 その聖母神にあなたも出会いますようにとの願いが 呼びかけがあのマリア像なんです 仏教でいうとことの観音菩薩に通じるでしょうか

ありのままを

肯定してくれる人を求めたが出会えなかった 己が己を受け入れなかったからだと 無知不遜を後に恥じた 自分を受け入れたとき何かが起きる 何かが発動し誰かに出会う そして生命の神秘に触れる マリアがお手本を示したように 己の墓を覗き込もう ありのままの…